日本一SPEEDとオナ禁が好きなブログ

SPEEDはコンパス。オナ禁は車。これさえあれば私は前に進める。

オナ禁6日目だけどオナ禁するとこんな良い事があるよって話するから聞いて

おまえらみんな陰キャ。だからって輝いてはいけないなんてルールはないんだぜ?

(キラーン☆)(挨拶)

f:id:kuzunohaspeed:20200114210505j:plain

f:id:kuzunohaspeed:20200114211344j:plain

こんばんは、葛葉ラプソディです。

私の今のオナ禁日数は6日ですが、オナ禁歴だけなら10年を超えています。
高校2年生の時に女の子にフラれたのが原因でオナ禁を始めて現在28歳ですから、12年くらいになります。12年というと赤ちゃんが小学6年生になる期間ですよ。

ですので、私は比較的長くオナ禁界を見つめてきたつもりです。その時代時代のカリスマ的存在や流行りのオナ禁方法、ブームなど、そこいらのモテてヤリまくりたいだけの下半身直結クソブロガーよりは年季が入っています。

そんな12年間オナ禁と共に過ごしてきた私がオナ禁してて良かったこと』と、オナ禁で成し遂げたこと』を正直に報告していきます。

 

オナ禁してて良かったこと

「俺、オナ禁できてる」という自尊心=自己肯定、自信が生まれる

オナ禁に限らず何かを禁ずるのは辛く苦しいものです。私は禁煙も成功しましたが、それはそれは数えきれないほどの失敗の果てに今の煙の無い生活に辿り付きました。

オナ禁というのは言い換えれば"自分自身とのお約束"です。

「私はオナニーをやめます。なぜなら私の目標にオナニーは必要ないからです。」

たまにリセットしても、また自分と約束し直せば良いんです。破っても困るのは自分だけですからね。

そうやって1日1日の成功体験を積み重ねることで、自尊心が生まれます。
自尊心はやがて自信や自己肯定になり、行動や言動に誠実さと説得力が出てきます。

チンコみたいに下向いてブラブラ生きてるおまえらクソ陰キャに言っておきます。オナ禁効果=自尊心です。自信に満ちた男性がモテないはずがありません。自信を持ってオナ禁してください。

 

常に何かやることを探すようになる=行動力がアップする

昨日の記事にも書きましたが、オナ禁に成功する一番確実な方法は『オナニー以外のことをする』です。

どれだけムラムラしても、ドストライクな動画を見つけてしまってもグッと堪えてオナニー以外のことをする。そのためには常にやることを用意しておかなければなりません。徹底的に風呂掃除、電話帳の上から順番に電話、自転車で爆走…とにかくオナニー以外の事をする。

これが行動力です。


常にやることがあれば人生が暇で退屈なんてことはあり得ません。
退屈とは気の持ちようです。やることがないのではなくて、何もやろうとしないから退屈なのです。

 

時間が生まれる

単純にオカズを探す時間とオナニーに費やす時間が浮きますね。でもそれだけじゃないんです。

オナニーしないということは、賢者タイムがありません。賢者タイムにジョギングしたい人いますか?賢者タイムに勉強したい人いますか?

賢者タイムは思考力と行動力を奪います。それがないだけで、頭と身体が活動できる時間が増えたのと同じ効果が得られます。

 

私がオナ禁で成し遂げたこと(自慢話)

  • ニート→パート→資格取得し正社員
  • 正社員登用されて速攻で昇進
  • 1級販売士、2級販売士取得
  • 登録販売者取得
  • 普通自動車免許取得
  • 高校時代1年生、2年生、3年生にそれぞれファーストセカンドサードをキープする
  • バイト先のセックスレス人妻をオトす
  • 同じ職場の年上の彼氏持ちをオトす
  • 同じ職場の淫乱アラフォー人妻をオトす
  • 同じ職場の同い年シングルマザーをオトす
  • 同じ職場の彼氏持ち美少女と二人何回かで食事に行く

(ドヤ顔)

ほとんど女性ネタで恐縮ですが、オナ禁するとモテるのは本当です。その理由は上の方に書きました。
おまえらでもわかるようにもう一度言いますが、自信満々な男性がモテないわけがない。
オナニー以外のことをしているだけで自信に満ち溢れて行動力が増すんですから、そりゃ女性なんて勝手に寄ってきます。

 


私はモテてヤリまくりたいという理由でするオナ禁には反対の立場を取っています。

 


自分がそれをした結果、あとに何も残らなかったからです。上記の女性の中で今でも連絡がつくのは2人ほどしかいません。セックスだけの関係というのは大変に虚しいのです。

ですから、オススメはしませんがモテてヤリまくることはできますよというスタンスでオナ禁しています。どうしても…という方には多少役に立つお話をすることもできると思いますが、それはまたの機会にでも…。

 

そんなわけで、私の自慢話とオナ禁効果の話でした。
ではまた明日。