日本一SPEEDとオナ禁が好きなブログ

SPEEDはコンパス。オナ禁は車。これさえあれば私は前に進める。

9月29日 捨てて捨てて捨てろ!!

オナ禁3日目の朝…既に私のリトルダンサーには相当量のホワイトラブがチャージされていると感じる。
ぶらぶら揺れる感触が重く、敏☆感になっているのだ。負けてはならない。

 

10月後半に引っ越しをすることになった。人事異動ってやつだ。
また急だな…と思いはしたものの、男一人の荷物なんて知れている。どうせ会社と家の往復になるのだから、多くの荷物は必要ない。
寝床だけは良い物にしておかねば、万が一誰かを連れ込んだときに困るかもしれない。

この移動によってぐでたまさんとの距離がさらに開いた。最後に顔を見てから早1年。それすらも、本当に偶然ぐでたまさんの近くで用事があって、たまたま寄っただけのこと。
近くまで来たから…というわけだ。脳裏に焼き付いているのは慣れない環境で必死に頑張るぐでたまさん。私も慣れない環境で必死に頑張るから、どうか帰って来て(哀願)

 

断捨離

昨日は1日使ってかなりのモノを捨てた。部屋着替わりにしていたTシャツや、ゴムの伸びた下着など。私物はそんなに捨てるものがないけれども、やたら届く手紙や書類、取り扱い説明書の類はかなり処分した。

こんまりの

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

  • 作者:近藤麻理恵
  • 発売日: 2010/12/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 これによれば、片づけの順番は最初に衣類、2番目に本や書類らしい。私も忠実にその順番を守った。
最近は水を売ったりなんだりで叩かれがちなこんまりだけれども、好きな事を活かして活躍している人を叩く風潮はどうにかしたほうが良い。不要なら水は買わなければ良いし、片づけの部分だけ取り入れて、あとは無視すれば良い。

結局「お金を稼ぐ」人を叩きたいだけなのだと思う。でも、よく考えれば片づけの手法・考え方がお金になると気付いたのはこんまりだから、こんまりが一番強い。そのあとに訳の分からないコピーやフォロワーが雑草のように生え腐ったけども、結局はこんまりに帰ってくる。

 

 

自己啓発本7つの習慣、生き方は嫌われる勇気、そして片づけはこんまり。

 

 

男がおっぱいに回帰するように、良書というのは何度も何度も読み返され、その内容が共有されていく。
ぶっちゃけ7つの習慣なんてネットに書いてあるものだけで十分すぎるほど内容がわかる。それでも原点に触れるのは大切だと思う。あと、それが実践できるかどうかは別問題。 

片づけは鬱予防にも良い。目の前のタスクを要不要で分けることで、心の中も要不要に分けられる。
ハッピーな、幸せになれる考えや気持ちは残して、そうでないものは手放す。好きなモノに囲まれて生きたい…というのは共通する願いだと思う。それを実践し体感できるのも、断捨離や片づけの魅力だと思う。だからエロ動画は捨てろ。