日本一SPEEDとオナ禁が好きなブログ

SPEEDはコンパス。オナ禁は車。これさえあれば私は前に進める。

ブラウニーを失った私はこの1週間ヌキ続けました。

おはようございます。葛葉ラプソディです。
1週間も更新をサボってしまい申し訳ございません。この10月後半にあったことをダイジェストでお送りします。


10月15日 ブラウニーとデート。急速に距離が縮まる。ここが全ての分岐点。この日をキッカケに、私とブラウニーは見えない絆で結ばれたと言って良いでしょう。(気持ち悪い考察)


私とブラウニーが勤務していた店舗は先日閉店しました。ブラウニーは閉店と同時に退職の予定でその手続きをしていました。
ブラウニーの最終日、用意していた登販合格祝いの超かわいい時計(私とおそろい)渡して、感謝の言葉を述べました。
泣きだすブラウニー、慣れた手つきで抱きしめる私。絵面的には完全に犯罪の一部始終ですが、上司と部下の健全な関係であることを強調しておきます。

「ブラウニーが退職しても俺はずっと店長だから。1か月に1回くらいは帰ってくるし、またデートしよう。LINEもいっぱいする。毎日する。」

慰めになるかわかりませんが、本心を語り続ける私。絵面的には完全に東京へ行ってしまう幼馴染を見送るシーンです。

「…まだ」

「うん」

「まだ間に合うなら、残りたいです…店長と離れたくないです…」

「わかった。人事に電話しとくよ。なるべく近くの店で受け入れてもらえるように、全部やっとくよ」

「ありがとうございます…」


最後にもう一度抱きしめ、手をつないで、ブラウニーを見送りました。それからの私は放心状態。
時計だけでなくハートも渡してしまった私はブラウニー周りの手続きを済ませ、おぼつかない手つきで後始末をし、そのままの足で100キロ離れた土地に引っ越しました。
新居にはまだWi-Fi環境がなく、私はメモ帳に書いた原稿を近くのセブンイレブンでアップするという二度手間によってこの記事を書いています。


退店日の翌日から4連休(引っ越し休暇)を貰った私はヌキまくりました。自転車も勉強も瞑想もサボって、ひたすらヌキまくりました。
ネット環境がないのでスマホは使い物になりません。オカズは妄想か近くのゲオで借りたアダルトビデオ。完全にうだつのあがらないしょうもない独身男性的生活をエンジョイしてしまっていました。

掃除洗濯漫画オナニーというルーティンワークを4連休の間こなし続け、気が付けば顔はヒゲまみれで排水溝にはおびただしい量の抜け毛が。

の筋肉痛や長時間バイクを運転したものだから、的なだるさではない…と思いたい。
そんな楽観主義オナニーモンキーの私も今日からお仕事再開です。新しい家、新しい職場、新しいオカズ…心機一転。がんばります。

新居にネット環境が来るにはもう少しかかりますので、毎日更新は現実的ではありませんが…なるべく更新したいと思います。
Twitterのほうはほぼ停止。どうしても書きたいことがあればセブンイレブンからアップしますので、フォローは外さないでね。(哀願)

それでは。